J2 第41節 岐阜対甲府 マッチレポート

なるべくしてなった結果…

そう感じられずにはいられない内容。

個人技、球際の強さ、戦術、全てにおいて甲府の方が上だった。

特に球際の弱さ、チームとして攻守のカタチが統一されていない雰囲気はJ2にいるべきチームではないと感じてしまった。

1点取られた後に同点に追い付いたのはこの試合に懸ける気持ちの強さの表れだったのかもしれない。

でも見方を変えれば相手のミスに助けられた1点に過ぎず、そこにチームとしての必然性は残念ながら感じられなかった。

でもきっとこれで良かったと思える日がきっと来ると信じている。降格することで見える世界もあるし、一から出直すことで岐阜の新たな文化が芽生えるかもしれない。

最後に一つだけ言いたいことは、そういった未来への期待を込めて、サポーターの方にはもっと厳しい目でブーイングして欲しかった。

このまま終わらせてはいけないんだと…



にほんブログ村


ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下バナーをクリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

J2 第41節 岐阜対甲府 見所

次の記事

サポーターズハウス開設