J1第2節 対清水 仕掛けれる強さ

はじめに

グランパス通算400勝達成!!
そして今シーズン初勝利!!!

第2節と言いながら実質的に開幕戦のような一戦を勝てたのは嬉しいですね。
長い中断期間の間に金崎、ランゲラックのコロナ感染、ジョーの契約解除など本当にに不安なことがたくさんありましたけど、無事に今日試合を迎えることができ、さらに勝つことができたのは最高です!!

スタメン

スタメンにサプライズは特になく、予想がしづらいワントップが前田か〜ぐらいですかね。
個人的には前田は右サイドにいてほしいので、金崎か山崎がワントップの方が好みなんですけど、体調的な問題ですかね〜。

清水は若い梅田と鈴木が初出場。中断期間を生かして若手の育成に力を入れていたんですかね。

マッチレポート

試合は序盤は一進一退な展開。

ポゼッションサッカーを目指す清水に対して、グランパスも支配率を譲らず、リズムを作らせない。
しかし、前半18分にシミッチの不用意なパスミスからカウンターをくらい、清水に先制を許してしまう。

それでも前半31分に右サイドでフリーのマテウスからのクロスボールをシミッチが合わせ、梅田の好セーブに二度防がれるも、最後に相馬が詰めて同点ゴール!

さらに勢いに乗って前半38分にポゼッションから右に流れた前田が得意な形で中に突破し、オウンゴールを誘発し逆転!!
前田の良さをしっかり出す。


後半はしっかり守備を固めながら、昨シーズンのように攻め込まれるわけでもなく、主導権を渡さずに危なげなく、逃げ切れるかと思いきや…

最後の最後に相馬が今日2枚目のイエローカードで退場…
ファウルの過剰アピールとのことだが、ちょっと厳しすぎるような…

そんなちょっと後味の悪さも残しつつも、しっかり守り切り試合終了!!

仕掛けれる強さ

そんな試合でポイントにあげたいのは、昨シーズンよりも安定感のある試合ができた理由です。

それは仕掛けれることができる選手が増えたことにあると思います。
前田は昨シーズンからいますが、それに加えて、相馬、マテウスの2人の復帰はやはり大きいですね。

昨シーズンの和泉も仕掛けれる選手ではありましたけど、最後は自分で打つよりも、パスを選択することが多かったのに対して、相馬やマテウスはシュートで終わる意識が高いように感じます。

そういった仕掛けれる選手が多いことで、攻撃に必要以上な人数をかける必要がなく、サイドバックやボランチはカウンターに備えたポジショニングができ、結果的に守備が安定します。

今日はその良さがまさに出たような試合でした。


しかし、そのようなサッカーだと不安要素もあります。


一つは出所が分かりやすい。

仕掛けれる選手が多い分パサーは減ります。

今日のグランパスの場合、実質シミッチだけでしたね。
シミッチに厳しいマークがついた時に代わりに誰が組み立てることができるのか、稲垣は守備的な選手ですし、両サイドバックの吉田や成瀬も組み立てるのはそこまで得意ではない選手。

そういった点では成瀬よりも宮原の方が良いと思うんですけどね…


もう一つは運動量が乏しく、攻撃がワンパターンになりやすい。
攻撃にかける選手が少なく、仕掛ける選手が多いとどうしてもサイドから中にカットインしてシュートのパターンが多くなってしまいます。
その対策をされてしまった時に他の攻撃パターンがいくつ持てるかが重要になりますけど、今日の布陣だとなかなか難しいかもしれませんね。

ワントップが金崎になると、他のバリエーションも作りやすいので、金崎のコンディションが戻り次第、スタメンで使ってほしいな〜と思います。

あとは今日のような試合ができたのは世代交代中の清水が相手だったからのような気がしないでもないので、今後より上位のクラブが相手になった時に今日のようなサッカーができるのか注目していきたいです。

最後に

何はともあれ、貴重な勝点3を獲得できたのは大きいですし、コロナ感染により全体練習もまともに出来なかった中で、再開初戦を勝てたのはスタッフ含めたグランパスのチーム力の高さだと思いますので、素直に喜びたいと思います!

次はホームでのガンバ戦ですので無観客だろうとホームはホーム!

しっかり勝って2連勝して欲しいですね!!


ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下バナーをクリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です