2020年 初陣!!

はじめに

いよいよ今年もJリーグシーズンが到来しました!
リーグの開幕は来週ですが、ルヴァンカップは一足先に開幕です。

相手は奇しくも2019年最終節で完敗を屈した鹿島です。
昨シーズンとは一味違う名古屋を見せつけるには格好の相手ですね。


オフシーズンの補強を積極的におこなった鹿島と例年に比べて静かなオフシーズンだった名古屋で対照的な2チームですが、名古屋の和泉が鹿島に移籍し、鹿島にレンタルして進化して帰ってきた相馬と因縁深い相手です。

鹿島は既にACLのプレーオフで公式戦をおこなっていますが、新監督に代わったばかりだからか、まだまだチーム作りの途中といった感じだと思われ、チームとしてのベースが既に出来ている名古屋の方が若干有利ではないでしょうか。

スタメン予想

そんなわけでスタメン予想ですが、

このような予想をしてみました。

名古屋は基本は昨シーズンと同じですが、今シーズン加入した阿部と和泉が抜けた穴を相馬が埋めてルヴァンカップのレギュレーションである21歳以下の枠は成瀬で使うと予想します。

キャンプ最終のギラヴァンツ北九州との練習試合でも成瀬が出場して点を取っていたようですし、出場の可能性は高いのではないでしょうか。

悩ましいのは相馬同様にレンタル復帰のマテウスをどう使うですよね。
3ボランチの一角として使うのか、マリノス同様左ウィングで使うのか…

とりあえずはオプションとしてベンチスタートなのかな〜っと勝手に想像してますけど。

またジョーは別メニューで調整中という話もあるのでもしかしたらジョーの代わりにマテウスを入れて前田のワントップもあり得るかも。てかトップの層が薄すぎるような気がするんですが、強化部さん本当に補強終わりでいいんですかね?

一方の鹿島は21歳以下の枠は新加入の杉岡で使えるのでいいですよね。

他のメンバーもかなり変わっていますし、層が厚いのでスタメン予想が難しいです。

ACLプレーオフでは和泉が先発でしたが、今回は古巣ですし、白崎が起用されるのではないでしょうか。
ていうかまだ対戦相手として和泉をまだ見たくないので、今回は勘弁してほしいものです。

注目ポイント

注目ポイントは何と言っても新加入選手との連携、キャンプを通して今シーズンどのようなサッカーを目指していくのかという方向性の確認の2点です。

相馬やマテウスはレンタル復帰なのである程度連携は問題ないでしょうが、阿部、稲垣、山崎といった選手は現段階でどの程度フィットしてきているのか気になりますし、フィッカデンティも昨シーズンは途中からの登板でしたので、一からチーム作りができずに残留に専念した戦い方をしていると本人が言ってましたので、キャンプを通してどのような『進化』をさせて来たのかを注目してみたいと思います。


ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下バナーをクリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です