E-1サッカー選手権 Jリーグオールスターズ 対 中国 感想

はじめに

東アジアの1位を決めるという名目のE-1サッカー選手権ですが、海外選手は呼ばずに国内組だけで参戦。

実際の代表がほぼ海外組となった今の日本にとって、このチームを日本代表と呼ぶことにはやっぱり抵抗がありますね。

これでメンバーに選ばれても、引退後まで元日本代表という肩書きが得られるのですから、それでいいのかなと思ってしまいますね。
いや、選手は何も悪くないですし、実力があるから選ばれているのは間違いないので胸を張ってもらえばいいんですけど…

よくJリーグに来るブラジル人で元ブラジル代表という肩書きで来る選手がいますが、こういうことなんだろうなっと妙な納得感を得てしまいました。

一方でJリーグオールスターズだと思えば、Jリーグファンの私からしてみれば充分に魅力的なメンバーなわけで、ここから本当の代表、あるいは東京オリンピックに選ばれる選手は誰かを想像しながら応援していきたいと思っています。

なので今回は試合内容、結果は触れずに気になった点について書いていきます。

2シャドーの適性について

今回一番興味深かったのは森島、鈴木の2シャドーについてです。

私的にはこの試合で最も評価を上げたのは森島司です。

1点目の3人目の動きもそうですけど、上田との距離感や連携も非常に良かったと思います。

2シャドーの特性上、4バックの中国から見るとマークしづらいわけですが、その特性をうまく生かしてフリーになったり、まわりをフリーにさせる動きがよくできていると感じました。

より強い相手と戦った時、あるいはいつもの代表メンバーと出た時にどこまでできるのかが是非見たい選手です。

一方の鈴木武蔵ですが、得点こそ決めたものの、森島に比べると2シャドーの特性を理解していないのかなっという場面が散見されました。

というかボールタッチが粗く、ボールロストがあまりに多かったです。

札幌の時のように、もっと前のポジションでプレーすると、鈴木の特徴でもあるゴールへの嗅覚が働くのでしょうが、今日のポジションだと良さが生きませんでしたね。

これらは単純な特性の問題ですので、このシステムを利用するのであれば、鈴木はファーストチョイスではないかなと思います。

上田綺世の可能性は未知数

1点目のヒールタッチは最高でした。やっぱり足元の技術は代表クラスですし、大迫を意識してるであろうポストプレーはこのレベルの相手であればそれなりに役割を果たすことができていました。

しかし、大迫のような余裕のあるプレーはなかったため、より高いレベルの相手となった時には危うさの方が優ってしまいそうだとも思いました。

もっとも大迫とは違って、ゴールに向かう動きが持ち味の選手ですので、このシステムの中で大迫の幻影に惑わされることなく、自分の持ち味をどれだけ出せるかが重要ですね。

おそらく東京オリンピックの1トップ最有力候補だとは思いますが、それまでに改善すべき点も多くあるかと思います。

左ウイングは激戦区の予感

この日の左サイドは東京オリンピック世代でもある遠藤渓太選手でした。

しかし、今日のプレーは今ひとつでしたね。

前半に2回ほど一対一で勝負すればビッグチャンスという場面でも勝負しきれずにチャンスを潰してしまいました。

他の場面でも無難なプレーばかりで今ひとつでしたので、次戦は菅か相馬を使ってもらって比較したいところですね。

こちらもやはり適性の問題で、攻撃と守備のタスクが多いウイングバックは遠藤の最適性ではないのかもしれません。

それに今日のような相手であれば攻撃的なウイングバックがいいですけど、オリンピックの本戦であれば守備的な選手の方が必要になるでしょう。

右ウイングバックもそうですが、相手によって使い分けなければいけないこともあって、このポジションは激戦区になっていきそうです。

試合の締め方

最後に言いたいこととして、試合の締め方が雑すぎです。

相手が中国だったという油断があったことが、露骨に分かるほど最後の方は「相手が中国だし、守りに入るつもりはないけど、勝ってるし無理して攻めなくてもいいんじゃない?」みたいな雰囲気で何となく攻めて何となく守っていましたね。

その中途半端なプレーのせいで1点取られ、相手に若干の勢いを与えてしまいました。

本来ならどこかのタイミングで、守備の枚数を増やして速攻型に切り替えていくなど試合巧者ぶりを見せつけるべきだったのではないかと思います。

まあこの辺りは急造チームでまとめ役不在なので仕方ないのかもしれませんけど…

最後に

というわけで、E-1サッカー選手権の初戦は勝ちはしましたけど、課題が山積み、収穫そこそこと言った感じではないでしょうか。

次戦は14日に香港戦です。お願いですからスタメン総入れ替えはやめて下さい。
今日の選手を軸に2,3名代えたメンバーで臨んでほしいです。


ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下バナーをクリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です