残留を懸けた鳥栖戦

11月23日に豊田スタジアムに鳥栖を迎える一戦。

ここに勝てば勝点は39となり、ほぼ残留は確定となるでしょう。

しかしこの一戦は何とも言えない哀愁漂う戦いです。
というのもこの2チームが前に戦ったのは第1節の開幕戦。ともに開幕前には上位予想がされる両チームでした。
この一戦を制したのは風間監督が率いて攻撃サッカーを掲げるグランパスがジョーの2得点などで4-0の快勝を収めて最高の船出。
ところがそこからはみなさんもご承知の通り、ジョーの不振から徐々に名古屋シフトなるものが確立され対策されると勝ちきれない試合が続き、気づけば降格争い。風間監督も解任となり、昨年鳥栖を率いていたフィッカデンティを招聘。前節ようやく初勝利となりました。
一方の鳥栖も開幕戦で名古屋に敗戦して以降厳しい戦いを余儀なくされます。そしてこちらはわずか10戦でカレーラス監督を解任。フェルナンド・トーレスの感動的な引退で話題を集めるも、低空飛行で結局降格争い。

そんな両チームがこの最終盤で降格争いからの脱出を懸けた戦いをするわけですから何とも言えない哀愁を感じるわけです。

とはいえ、試合は残留を懸けた一戦なので熱い戦いになりそうです!
個人的には鳥栖は勝点3が必須なので前がかった戦いをしなければならず、そうなれば今の名古屋の戦術にハマるのではと思います。
そして何と言っても今回は圧倒的な勝率を誇る豊田スタジアム!名古屋としてはここでは絶対に負けられないでしょう!!


ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下バナーをクリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です