森保監督…これは批判されても仕方ないよ

はじめに

いや〜残念な試合でした。これだけ観ていてガッカリな代表戦は久しぶりです。

負けたのはもちろん残念ですが、それ以上に森保の監督の準備から采配についてはあまりにも多くの疑問が残りました。

この状況で勝てというのは選手たちがかわいそうです。

今日はそういった不満が残った点を中心に振り返りたいと思います。

なぜこのスターティングメンバーだったのか

私の予想ではここまでの2戦で結果が残せた選手、あるいはもっと見たい選手を韓国戦のスタメンに選んでくるものだと思っていました。

ところが、フタを開けてみればほぼ中国戦のメンバーのままでした。唯一の変更点が怪我をした橋本に代えて田中って…

なぜ完全なターンオーバーをする必要があるのか?
このメンバーで連携を深めないといけない理由があったのか?
香港戦のメンバーはなぜ一度しかチャンスがもらえないのか?


?がいっぱいになってしまいました。

小学校のサッカーチームなら分かります。みんな平等に出場機会を与えて仲良く楽しくサッカーしましょうねって言う目的があるからです。

今日の試合の目的は何でしょうか。この大会の位置付けをどのように考えていたのでしょうか。

戦術的な上積み

百歩譲ってこのメンバーで戦うのであれば、中国戦からこの試合があるまでの日程の中で戦術、連携面を向上させることが監督の仕事ではないでしょうか。

クラブで活躍した選手を選んで、ターンオーバーでスタメンを決めていくなんてことは誰でもできるんです。

せめて戦術面で上積みをしてもらいたいと思ったのですが…

ありませんでしたね…

守備のプラスのかけ方、攻撃面での連携、いずれも大した見所はありませんでした。

結局今日も選手の個の力に頼った試合をするものだから、相手のレベルが上がった途端に崩せなくなってしまうんです。

突っ込みどころ満載な試合後コメント

そのような試合をしておきながら、森保監督は試合後のコメントで

「入りのところで相手から圧力を受けるというのは、予想していましたけど、そこのところで試合の流れを持っていかれたかなと」と敗因を分析した。「悔しいですけど、次の成長の糧にしていければと思います。2020年に向けて、成長に繋がるように今回の経験を活かしていければ」

と言っているのです。
予想をしていたのであれば対策は取れたんじゃないですか?
悔しいってことは勝とうとしていたということですか?
そのために何をしたんですか?
と突っ込みどころ満載なコメントを残しております。

終わりに

私は森保監督の解任論者ではありませんし、この大会をもって解任した方が良いなんてことを言う気はありませんが、せっかくの希少な代表戦を無駄にしてしまった気持ちでいっぱいです。
今回のような意図の見えない指揮をとり続けるのであれば、取り返しのつかないことになる前に、監督の見直しを検討すべきなのではないかと思ってしまいました。

今日はかなり愚痴っぽい内容になってしまいすいませんでした。
本当はもっとポジティブな記事を書いていきたいのですが、今日の試合はいくらなんでもヒドイと感じましたので、このような内容にしてしまいました。

こんな愚痴っぽい記事はもう書きたくないので、是非来年からの代表戦はもっと中身のある試合をしてほしいものです。


ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下バナーをクリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です