価値ある勝ち点1

スコアレスドロー。内容はともかくとして実質的にはグランパスの勝ちと言っていい結果になりました。

グランパスにとっては試練の連続で、まずは前半11分。和泉の疑いようのない完璧なファールでPKを献上。
ここはキッカーの金崎が枠から外してくれたおかげで、かろうじて難を逃れる。
でもランゲロックも完璧に読んでたから枠内でも止めてたかも。
それに金崎が蹴った瞬間に守備陣が全力で戻っていたので、ランゲロックが弾いてもしっかり処理できていたはず!
なのでこのPKは守るべくして守れた1点だと思います。

その後は鳥栖が前がかりグランパスはカウンターを狙うという予想通りの展開。
グランパスにとって想定外だったのは前田の不調。
前節あれだけの活躍を見せて調子が上がっているのかと思いきや、この試合では前節ほどのキレはなし。
この辺の調子に波があるところが前田の欠点かもしれませんね〜。

鳥栖の攻撃を何とか凌ぎながら、攻撃のカードを替えながら勝ち点3への拘りを見せるフィッカデンティ。
でもこれが完全に裏目にでる。交代枠を使い切った後に吉田が負傷。気迫でピッチに残るも実質10人でのプレーを余儀なくされる。

この試練も全員でなんとか凌ぎ切ってスコアレスドロー!
前節の快勝からするともどかしい試合展開になってしまいましたが、ここで勝ち点1を獲得できたのは充分な価値があると言えると思います。
実際に他会場の結果、自動降格は回避されました!

これで降格はほぼなくなったので、ここからは思い切ったサッカーをして一つでも上の順位を目指してくれ!!


ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下バナーをクリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です